4x4-AVANTI

最終更新: 2月24日

【お知らせ】


la stradaより重要なお知らせです。


2019年モデル(新エンジン搭載)よりメルセデスベンツシャーシ(Sprinter)を使用した全モデルがコンプライアンスに従って日本への輸出が完全に停止されました。


本件・日本への出荷停止は2007年よりメルセデスベンツ本社では世界に発信されていましたが、ディーラー等の意向を鑑み(独占禁止法等)キャンピングメーカーからの出荷は2018年モデルまでは黙認されていました。


メーカーからの完全な出荷停止説明は下記のとおりです:

①メルセデスベンツ日本(株)では商用車事業部の存在がありません

②新エンジンへの販売支援体制(正規ディーラー)の存在ありません

③燃料の品質(軽油)の相違によりメルセデスベンツ本来の性能が発揮できない

④無保証での出荷依頼に対しも、ブランドイメージの堅守尊重面より出荷否定

⑤ラ・ストラーダでは日本1国のためのリスキーなオペレーションは行わないがメルセデスベンツおよびラ・ストラーダ双方からの書面による主な回答でした。


したがって「製販一体サービス」のコラボレーションを主眼にしている弊社といたしましても関連よりメーカーの支援なき販売はできないことをご理解のほどお願いいたします。


故に、la strada製品はAVANTIモデルのみの販売に併せ2019年度モデルのメルセデスシャーシベースのRegent-SおよびNovaのデーターは非掲載となりますがご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


ご堪能下さい、La stradaの完成度およびAWDテクノロジー:

独RVマガジン”Promobil社”の編集者による15ケ月/47,000kmの走行テスト(架装部や装備機器からの歪み・軋み音・騒音、ボディにおける実車の快適性・走行性、等々の検証)が実証しています。


唯一、他社製品では見られない、225/75R 16の全天候性タイヤ(All Terrein)の装着を可能としている(AWD車限定)のもこの様なデータの証しです。


4x4モデルは全AVANTIにて設定可能です。


お詫び!!!

4x4モデル Citoroennベースの2019年度モデルは現在新規予約注文受けできますが、実車のの納車は2021年になりますことを重ねてお詫び申し上げます。


主たる理由はベース車両のNewモデルとAWD駆動メーカーDANGEL社の受注過多によるものです。

上記写真はハイルーフボディのAvanti-L 4x4車!


NEW AVANTI-4x4 主要諸元

ベース車種:Citroen JUMPER

ベースシャーシ:ALKO Maxi シャーシ 3.5トン強化シャーシ

ボディサイズ(m):5.41~6.36 ※モデル毎に異なります

ホイルベース(m):3.45~4.35 ※モデル毎に異なります

エンジ総称:BlueHDi-160 ディーゼルターボ

シリンダー数:4気筒16バルブ

排気量(cc):2,000

最大出力(KW/HP):120/163

最大トルク(Nm/kgm):400/40

燃料:軽油

運転席:左ハンドル限定

変速機:フルタイム 6速マニュアルミッション
















デフロック(センター、前輪、後輪の3モードの選択が可能):オプッション


AdBlue Euro-6

※Adblue:独公社登録商標






















下記写真はハイルーフモデルのAVANTI-L 4X4


下記写真はスーパーハイルーフモデルのAVANTI-XL 4X4

Fiat Ducatoベースは2017年度で終了


正しい知識を取得するためのお勉強講座:

※1: 二重床(ダブルフロワー)の意味ですが、床上全体を二重に加工した装備の総称であり、部分的に床上(例:ダイネット下部等)したものは欧州ではダブルフロワーと呼称されません。

※2: 自走式は高速走行に耐えるように、二重窓がボディ面と面一に埋め込まれています。


安価品はトレーラー用の窓を装着(ボディ面より窓が浮き出て装備されています、また網戸・ブラインドも埋め込み式になっているため断熱効果は弱く、かつ風切音や漏水が生じます。


※3: セダンなみの2nd.シートでは他社にはない、唯一stradaのオリジナル製品により長距離ドライブでも疲れを感じることなく快適さを維持してくれます。

98回の閲覧0件のコメント